« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

豆、その2

20160928_
先日のデートの時に、プチお絵描き会をしてハニーに献上した一枚です。
透明クレヨンさん使って、豆集合絵が描きたいなぁ。。。 合いそうやない?
でも久々に描いたらパーツやらカラーリングやら結構あやふやになってる件w

あー、絵が描きたいよー。。。
あと何描こうかな。

今日は、うちの庭にゴブリンが湧いて襲われる夢を見て地味に怖かった…
大体こういうのはゾンビ夢のパターンなんだがな
だからといってゴブリンでも怖いんだよww
FFのとかよりもっと可愛気がない、どちらかというと宇宙人系?なゴブリンでした
多分、つかれてたんだね…(´ρ`)

| | コメント (0)

ヨシヒコもうすぐ

Cocolog_oekaki_2016_09_22_01_12
魔女は華の香。

こんばんは、なぎです~(・◇・)ノ
ヨシヒコ、10月から新シリーズスタートですね! ずっと待ってたw
記念として、放送までの間、第1、第2シリーズが
全話youtubeなどで見られるようですよshine
もうほんと、色々ギリギリなとこ行ってるよねwww
このくだらなさが大好きです。ヨシヒコのパーティ好き過ぎる

第1シリーズ

第2シリーズ

最新作おめでとう(`・∞・´)お帰りヨシヒコ
Cocolog_oekaki_2016_09_24_21_24

あしたはハニーと忍者デート、いってきます。。
祝日がちまちまあったりしたせいで曜日感覚が大分おかしい^^;

| | コメント (0)

めぐみ

20160923_
虫さんの絵を早速描いてみましたw
おおかみぐるみver.です^^
深い意味はないんだけど、キノコと一緒に描きたかったそれだけww

なんか、iPhoneから画像を投稿するとサイズ感がイマイチつかめないなぁ
でかすぎたり、小さすぎたり……
クリックで拡大するように、いくつか上げ直しました。。

さて、なぎさんまた初めて食したモノが増えましたよ(・◇・)ノ
20160923__2
アケビです!
虫さんの調査帰りにアケビの話になって、私が「食べたことない」と言うと
少し寄り道して採って帰ることにww
まぁ、手に届く辺りの食べごろなやつは結構採られちゃってましたが
私も有り難くご馳走になり、上の二つは自然に割れるの待ちです
想像してた感じと違ったけど、甘かったですよ~
とにかく種がほとんどで食べにくいのだけが難ですね^^;
味はスイカに近い? ような気がしました(`・∞・´) 触感はふわとろです。
あ、この禍々しい色した皮の部分は食べませんよ。
サルナシ、ヤマブドウと続き、今度はアケビ…
うーん、一生口にする機会がなかったかもしれないモノ達だなぁw
採れる場所は見つけ次第、頭の中の地図に書き込まれていくそうですよw

…ついでに、美味しいものだけでなく
センブリの葉を食むという経験もしました(笑)
よくバラエティ番組の罰ゲームで使われるセンブリ茶、とっても苦ーいあいつです
身体にはいいらしいですよw 納得の苦さでしたが…。。。

| | コメント (4)

クレヨンにハマる

20160921_

豆ったんと四男。久々の豆シリーズ
線は今回はシャーペンです。全然イケるやね
しばらくこのクレヨンにハマりそう。
もっとお絵描きしたいぃとウズウズなぎさんです。
コピックとかも楽しいんだけどね、
なんか、こっちの方が肌に合っている感じする。
多分、私の今の画風に合うんだろうなー。。

今はこれ使って
虫さんの絵を描きたいと思っていますよ(`・ω・´)←

| | コメント (2)

透明クレヨン

20160919_

透明クレヨンなるものを入手したので
遊んでみた。。

すにゅーんと塗れて面白いです。
あと、クレヨンなのに水彩の滲みみたいな色が出る
重ねて塗ると混じって面白い!
なんだこれー

| | コメント (2)

あおの境界線(オリジナル小話)

Cocolog_oekaki_2016_09_13_21_57
あお に 融ける。。

****
境界の滲んだトコロに住む色が、私はすきだ。
いろんなコトを許してくれる、とてもやさしい色だから。

あそこにはキミも居てさ、
それで私も居るんだよ。

ぼやけた輪郭がわらう。

(それはボクじゃないよ)
(だってボクは、そんなにぼやけちゃいないからね)

遠くで滲んだ声がする。
そっかぁ、と私もわらう。

滲んでてよく分からなかった。
 (滲ませて、分からない様にしてた)

じゃあせめて、さよならくらいは言わせてよ。
滲んだ声でも、届くでしょう?

| | コメント (0)

進む

見えなかったものを見るための
旅と言うにはおこがましい程の、小さな一人旅でした。
これは多分、進むために必要な旅。。




ツギハギだらけの糸は、私のせいだった。
今思えばあまりに見窄らしかったけど
そういう形の糸だって、あって良いじゃない?
そうやって待ってるだけの日々は
止まった時間をズルズルと重ねただけだった。


もう、千切っちゃおっか。



(そう、千切るだけ。 かんたんでしょう?)
(少し軽くなるだけ。)
(少し寂しくなるだけ。。)

それだけなのだと言うには、私の心は脆かったし
傷つけるのも傷つくのも怖かった。

Cocolog_oekaki_2016_09_11_19_23
(だって、私は――)




軋んだピースに、新しい名前をあげたいの。
時間は止まっただけじゃなかった。
同じ所に居続ける為には、ほんとは全速力で走り続けなきゃいけなかった。
私にはそんな体力、なかったからさ。

今、やっと。

時計のねじを巻き直す準備が出来て。
独りでも、恐れずに螺旋階段を上ることができそうです。


(私を連れ出してくれた、君の手の温かさを)
(忘れないよ)

|

らくがき少しと。

Cocolog_oekaki_2016_09_06_22_17
腹枕。。。
きっと鍛えてるからだいじょうぶ。(何が)

Cocolog_oekaki_2016_09_07_01_32
希望通りにのしかかってみた。
「……」
「……」
「ユーリさん、重い」
「お前な…」

今週は虫さん、ずっと夏休みでいらっしゃらないので寂しいよー( ´・ω・`)。。
私もぼちぼちお休みを取らねばと、とりあえず金曜は夏休みにしました
そして唐突に野生の勘? 勝負師の勘? みたいなものがはたらいたので
いつぞやのように、突発の一人旅に出るかもしれません
目的が果たせそうにないならやめるかもですが…
やや猪突猛進モードなので、決まったら準備は速そうだわ

| | コメント (0)

なんとなくだよ

Cocolog_oekaki_2016_09_05_00_36
「ユーリさん、お願いがあるんですけど…」
「なんだよ」
「ちょっと、私のことを上から押し潰してみてくれません?」
「はぁ!?」

最近なにかとイライラに苛まれ易くていやだーあー
ユーリとかの圧(物理)を感じたら、
なんとなく落ちつくような気がしたんだよね。。← (押し倒す、ではない。)
大佐でも良いけどいじわるされそうだからなー
ユーリ夢とか大佐夢とか書きたい(・H・) 言ってるだけですが。

さて、ねよ。

| | コメント (0)

いのちをだいじに

Photo
先日サンプル処理をしていたら
私の捌いていた奴にカニムシちゃんが! 2ひきも!
思わず虫さんに「欲しいです!」って言うと
瓶にエタノール入れて持ってっていいよーと(*・∀・)shine

Cocolog_oekaki_2016_09_02_00_21

カニムシちゃんかわいいぃ。。
ぼんやりと、大きい方が「カニちゃん」、小さい方が「ムシちゃん」なんて
名前をつけようかなーなんて思ったけど。
よくよく考えたら「カニちゃん」はともかく
「ムシちゃん」にカニムシ要素はないよね(笑) ムシちゃんてww



明るい曲調の割に内容は鬱々しいので注意
最後まできくとドキッとさせられる曲です。。
こういう、解釈が色々考えられる曲はとても好きなのですが…
テーマがテーマなだけに、大丈夫なのかなと思わなくもない

(ねぇ、あなたにとんで欲しくないよ)

****
この曲を聞いてて、ふと思ったことがあります
それは、最も効果のある「救済」は
その人自身にしかできないんじゃないか、ってこと。。

そもそもの色々な「決定権」がその人にあるから、というのもあると思いますが
他人が自分になれない以上、例え似たような経験をしていたとしても
そこで感じた感情やその深さというのは、本人にしかやっぱりわからないと思うの
だから、他人からの「あなたの気持ち、わかるよ」という類の言葉というのは
どこかうすっぺらで、作り物めいて感じて、軽薄さを感じて、
 「違うでしょ?」 「あなたに何がわかるっていうの!」
 「わかるはずないよ、だって “あなた” は “わたし” ではないのだから。」
…イライラしたり、悲しくなったり、余計に孤独な気持ちになることがあります
特に、自分が弱っている時や余裕のない時にはね。
自分の言葉というのは、他でもない「わたし」から出る言葉。
たとえ自分自身を正しく認識したり、言い表したりできなかったとしても
「わたし」という泉の根源に誤差はないはずです
少なくとも、他人からかけられる言葉よりは、幾分信じられるでしょう

では他人にできる、唯一の「救済」があるとするなら。
それは、その人自身が自分を「愛しいなぁ」と感じられるように
はたらきかけてみることくらいなんじゃないかな、って。。 そう思ったのね。
他でもない自分自身が、まずは自分のコトをちゃんと大事にできるように。
他人から「どれほどあなたが大事か」を伝えることも、勿論必要だとは思うけど。
まずそこがないと、他人から何をしたり言ったりしたところで効果が薄いのです
傷を治す治癒力と一緒よね。
弱っていれば、治る傷も治らない時だってあるもの。

…ただね、
だから具体的にどうすれば良いのか、私にはまだわからないの
答えはとてもシンプルなものなのかもしれない
救済、なんて、大それた言葉は使うべきではないのでしょうね

でも私はさ、いつも思ってるんだ。


ねぇ、あなたに。
とんで欲しく、ないよ。

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »