« あたたかなぬけがら (オリジナル小話) | トップページ | 遠くからいたぶる派。 »

Cocolog_oekaki_2013_10_11_22_05
(ずっと気づけなくてごめん)
(こんなに遠くて、近くにいたんだね。。)


先生のお通夜に参列してきました。
元気だった頃の印象の写真が飾られてるのを見て
もう見ることはできないんだと思うと、それだけで泣きそうになりました。
私は「大学の先生」としてしか知らないけれど
ご家族の方は先生が闘病する姿をずっと見てきた訳だし、支えてきたはずで…
そう考えたら、やはり辛いものがありました。
家に着いてから色々なこと考えてしまって、なんだかんだでぼろぼろ泣いて、、
疲れきって、今日はよく眠れそうです…


ふっとカーテン閉め忘れた窓の外を見たら
まるで待っていたかのように、綺麗な半月が静かに佇んでおりました。
親愛なる兄上が用意して下さった逢瀬
今日の月はとてもくっきりとして
標となる為に迷子を捜しているような、そんな印象。

月を眺めていられる「幸せ」。
月に祈れる「幸せ」。
そんな「小さな幸せ」を糧に、私たちはつまらない毎日を生きなきゃいけない
息苦しい日々を耐えなきゃいけない
人生を豊かに生きるのに大切なことの一つに
小さな幸せをたくさん見つけ、それに気づけること、これ間違いないと思うの。

この手のひらの中に、僅かな月光を閉じ込めてみて
温かいまま眠れたなら――

(こわい夜も、きっと一人で眠れる気がするの、)

|

« あたたかなぬけがら (オリジナル小話) | トップページ | 遠くからいたぶる派。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

幻想的でステキなイラストですねshine

どんな小さなことにも感謝してみましょう。
謙虚な心には幸せがやってくるのでは…と
思います。

先生もなぎさんにこんなに想われて、
とても感謝していらっしゃると思いますconfident

投稿: 由津子 | 2013年10月12日 (土) 10時36分

由津子さん>
コメント有難うございます^^*
月の子のイメージで描いてみました。

1日の内で、小さな幸せをたった1つでも良いから見つけることが出来たら
それだけでは些細かもしれないけれど、積み重なって大きな変化に繋がる気がします。。
由津子さんの仰る通り、「感謝する」ということも、大事なことですねconfident

ちゃんとお別れや、感謝の気持ちを伝えることが出来て本当に良かったです
先生のこと、先生に教わったこと、、忘れないで、生きていきたいと思います。

投稿: なぎ | 2013年10月13日 (日) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あたたかなぬけがら (オリジナル小話) | トップページ | 遠くからいたぶる派。 »