« 秋 | トップページ | 月見 (オリジナル小話) »

お腹と心の満ちと、憧れ論 (※ほぼ私信)

Cocolog_oekaki_2012_10_07_20_29
誰と言う訳でもなく。。


こんばんは、凪です
超私信記事です、ご注意をm(_;)m
…というのも、mi-maちゃんのとこにコメ残そうと書いてたら
長過ぎて弾かれたというora ←←

まずは心とお腹の満ちる関係、共感して貰えて嬉しかったー。。(v v*)
あれはいったいなんなんだろうねぇ…
心の充足も勿論大事だけど、「食べる」ってことも大事なんだって思う…
栄養摂取っていうだけだったら、もっと合理的に摂る方法もあるしさ?
「食べる」って、心にとっても大事。。
「食べる」すると心も満たされるんだと思うのよー
ちょっと考えたのは、心を常に満ちた状態で維持するのって難しいから
ある程度補完できるシステムになってんじゃないかなー…とかww
…無茶ですか?w サーセンww
ただ、心の飢えが大き過ぎると、それじゃ足りないんだね
ちなみに私の場合は外出すると余計、あまりお腹がへらなくなるみたいですん
空腹が気にならない…? これもなんでなんだろうなぁ

んで、もう一つ「憧れ」の話も気になったので触れておきますな^^
憧れ…って、確かによく聞く単語なんだけど、
改めて考えてみるとなんなんだろう…?
目指したいもの、尊敬するもの、心寄せるもの…
単に自分の卑下を許す為だけの「憧れ」だったら、それは意味ないよね
「努力する時の目印」、やっぱりこれが「憧れ」なのかしら…?
例えば「憧れの人」の場合、「その人と全く同じになる」ってのは難しい
でも「その人のように」を目指すことは悪いコト…?
mi-maちゃんが言う様に、「自分らしさ」を伸ばすのは素敵なことだよね
「憧れに近づく」は、別に「同化」とは違う訳だから
「自分らしく、それを目指す」っていうスタンスで考えるというのはダメかしらね?
それに、漠然と「努力する」って中々難しいよー
少し具体的な「目印」があった方が、私は走り易いような気も…

…という、コメでしたっ! まる!←
…改めて見るとくっそなげぇwwww 弾かれる訳だわこりゃwww^p^

|

« 秋 | トップページ | 月見 (オリジナル小話) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

じゅ、しーん!w(@^^)/~~[私信]~~
うちのコメ機能さんは器の小さいやつネ!まったくぅ!←


うんうんやっぱり心とお腹の満ちる関係、共感です
凪さんの文章読んでぼやぼやしてたものがはっきりしての共感でしたが…(゜゜)
うちも外出のときはお腹減らないよヽ(^。^)ノ
あと誰かと一緒にごはん食べるときも…一人のときとは全!然!違う!
うちの場合は、そのとき充実を感じて満たされ状態に近いからだと思うんだー
でも誰かがいても大学はほんと別…(+_+)ベンキョシラナイヒト


うちの憧れ論は極論?はしくれ論かな(^_^;)
うちにとってはさ『自分の卑下を許す為だけの「憧れ」』が強いのね
うち憧れってみんなに…ほとんどの人に(←おい)持っててさ
可愛い格好良い体型良い声素敵コミュカから
実力を見極めて判断や行動ができる人、身の回りを冷静に見れる人、自分を守るためならいろんなことができる人、他にもたくさんたくさーんたくさーーん。
なりたいどうこうとは別に、いいなあ素敵だなあって思うことばっか。
それと同時にみんな素敵要素あるけどじゃあうちは?ってもやもや…
んで、そんなこと思ったってなあ…もうそろそろ開きなおろうぜ!ってところに
ガツンとくるタイムリーな話が立て続けに目に入って
憧れて卑下するんじゃいかん!と決意?したのでした(あれ作文?yes作文!
うちの憧れ論は身の上話でした!ということです…さーせんww
憧れの定義あやふやだけど…さーせんww
でもはしくれ論として受け取ってほしーな…チラッ

あ、うちも長くなってしもた…長すぎだろ!
こんな自分すぎる話ならもっと割愛しようかと思ったけど…あれえ?←
長いから憧れと理解の話はまたします!すぐに!(詳しくのとこなのに(>_<))

こ、これは…っ!?弾かれない…だと…?w

投稿: mi-ma | 2012年10月 8日 (月) 16時17分

mi-maちゃん>
無事届いた様で何より♪<(・v・*)
詳しく、の部分も拝読しましたん^^ ありがとう!


外出の時にお腹へらない人って多いのかな?(・人・)
あれすごい不思議なのよね~
誰かと一緒にご飯すると、私も一人ご飯の時より全然少なくて済む…ww
いつもよりもちゃんとよく噛んで、ゆっくり食べてる気がするし…
何より、一人ご飯よりも美味しいよね^^* 美味しいは大事だわ
一人ご飯…は楽だけど、出来るだけ一人で食べたくないなぁって、一人暮らし始めてから思ったわ~


ふむふむ、なるほどなー
mi-maちゃんのその気持ち、わかんなくもないよ
私も自分に自信ない人だし^^; 人に憧れられるようなとこも、思いつかない…
でも…そうね、
世の中には、自分の周りに限るだけでも、十人十色、色々な人がいるよね
mi-maちゃんは『自分に素敵要素あるのか?』って思ってるみたいだけど…
貴女は勿論、皆何かしら持っていると思いますよ^^ ただ自分自身だと見え難いだけ
でね、他人に憧れられるところとは何か――って考えたら、それってその人の「長所」とも取れるかなぁと思ったんだ
話のすり替えみたいになるけど、mi-maちゃんは「人の長所探しの名人」なんじゃない?
少なくとも私は貴女のそういう所、素敵だなって、憧れます^^*
人の粗探しは簡単だよねー。でも長所探すのって結構…神経使わないと出来ない;

『理解から最も遠いのが憧れ』…理解と憧れの違い見て、一瞬なるほどって思ったけど
やっぱり私は、ちょっと腑に落ちない、かも。。。
対象を「本当」に知りたいと思うなら、そりゃ当然「理解」が必要なんでしょうな
そうじゃないなら別に「憧れ」でいーじゃん? いかんの?? て思っちゃう…
これは「遠い」という感覚なんかな…憧れが悪い理由になるのかな…(;´人`Aうーむ

…てことで、私もまた長くなってしまい申したm(_;)m ごめんごめん…
こういう話題をする度に、mi-maちゃんとはまたちゃんとお話をしてみたいなーと思ってしまいます…w
言葉にしてみると、もやもやしてたところが少しずつ見えてきたりするよネ
こうして交わした意見が、何か少しでも貴女の役に立てていたらいいのだけど(v v*)

投稿: なぎ | 2012年10月 8日 (月) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋 | トップページ | 月見 (オリジナル小話) »