« そうよ私はO型の女~♪ | トップページ | FUNOさんへ! »

アトピーのはなし

ネットを開いて思わず「おお!!」と思った記事を抜粋
(本文引用元:http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-12X457/1.htm)

「アトピー慢性化の仕組み解明=たんぱく質沈着が原因―佐賀大など

 アトピー性皮膚炎がダニなどの原因物質を身の回りから取り除いた後もすぐに治らず、慢性化する仕組みを出原賢治佐賀大教授らの研究チームが解明し、米医学誌に11日発表した。
 研究チームは、患者の皮膚を分析。アレルギーの原因物質が体内に侵入すると、免疫細胞が働いてかゆみが生じると同時に、たんぱく質「ペリオスチン」が大量に生成されることを突き止めた。
 ペリオスチンが皮膚組織に沈着すると、免疫細胞がさらに刺激され、かゆみが生まれる悪循環が起きることも分かった。原因物質を取り除いてもペリオスチンの沈着が続き、症状が慢性化するという。
 現在の治療法はステロイドの服用などで免疫を抑制しており、感染症にかかりやすくなる副作用がある。今回の発見で、ペリオスチンを狙い撃ちする副作用の少ない薬の開発が期待できるという。」(引用)

今こそ落ち着きましたが、私は小さい頃からアトピー性皮膚炎持ちで
皮膚に関する話題やアトピーの話ってすごく敏感に反応してしまいます
現在アトピーは「治る」ではなく「症状を治める」ことしかできず
また、一般に治療に用いられているステロイド剤には様々な副作用があります
塩水(海水浴も有り)に浸かる方法や、温泉療法、摂取する食材の制限など
私もアトピーに関する本を目にしては気になって覗いてみたり
自分もやってみたりしてきましたが…
症状の中でも厄介な一つ、「慢性化」のメカニズムが解析されたというのは
一患者として、とても大きな一歩のように感じました
そもそも「アトピー」はよくわからない点が多いことから
「不思議な病気」の意味のギリシャ語「アトピー」が当てられたと言います
刺激物の多い環境が増えてきた現代では、成人アトピーの発症も増えてます
敵を知ることは、それだけ対抗手段が増えるということ
そして、よりピンポイントに、要となる部分をアタック出来るということです
記事にもある通り、まずは薬が大きく改善されると期待できそう。。
ステロイドも、本当は正しく使えば効果的なんですけど
長期使用はあまりよくないって言うしね…
今後の展開に期待したいと思います^^

今日は肌寒いですね…また雨降りそう
なんて言ってたら降ってきたよw もう梅雨の季節だものねぇ
Cocolog_oekaki_2012_06_12_11_47
あれね、ギャリーさんのお陰で
片眼隠しの子を描く時のバランスが前よりもとり易くなったっていうw
そろそろ描きださないとなー資料探さなきゃー

|

« そうよ私はO型の女~♪ | トップページ | FUNOさんへ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちはです☆

あら、なぎさんはアトピーをお持ちだったのですね!
以前の職場でお世話になった先輩が同じ体質で
何をしても改善されなくて苦労してらっしゃったのを覚えてます。
酷くなると服まで気をつけないと痛くて着れないそうですね^^;
医学が今以上に発展して完治出来るようになれば多くの人が悩みから解消されるでしょうから
頑張って欲しいですね♪

あ、そしてIbプレイ始めたそうで、おめでとうございますw
もうクリアされたのかな?
ビックリするところもありますけど、
謎解きとか面白いですよね☆
クリアされてなかったら、ラストまでファイトー♪

投稿: おにーやん | 2012年6月12日 (火) 12時38分

おにーやんさん>
こんにちはです^^

はいー、アトピーの症状とは随分長いお付き合いでしたが、何が良かったのか今ではすっかりおさまっています。。
酷い時はもうとにかく痒くて、かさぶたになってもすぐに掻き崩してしまうので
朝起きると爪が血に染まってたり、服とか血まみれでしたね…^^;
まだ私は軽度な方だったと思いますが、酷い人は本当にすごい状態になるんですよね…
完治への方法は、まだまだ難しそうだなぁ

あ、Ibクリアおめでとうございます(笑) 速過ぎてビックリしましたww
私はまだ…メアリーにすら会えていません(・v・;)←
トラウマスイッチが…ちょっと入ってしまって…いつクリアできるのやら……orz
謎解きは大好きなんだけどな…ホラーは大の苦手なんです……ほんと(p_q*)

投稿: なぎ | 2012年6月12日 (火) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そうよ私はO型の女~♪ | トップページ | FUNOさんへ! »