« ☆なぎクエ☆ 風呂絵上がりましたー | トップページ | なんとか、 »

ライオン

Cocolog_oekaki_2012_05_21_20_19
つっこさんの「ライオン」聞き込んでいたら
ライオン×Ib絵が描きたくなってきて
絵のイメージはなんとなく出来たんですけど
肝心のライオンが描けないということに気がついた(・言・)クワッ
ライオン描いてーって言われたら絶対描けないです、はい
そんなわけで、ググって出てきたライオンさんの画像を見ながら模写したもの↑
ナルニアのね、アスランみたいなライオンが描きたいんです。カッコいいの
あと雌のライオンも練習しなきゃー。。
ライオン×Ibは
赤薔薇の騎士、青薔薇の騎士、黄薔薇の姫がコンセプト。。
1枚ずつにするか1枚にまとめるかまだ考え中
時間をかけて描いてみたいなって。。
何で描こうかしらねー。パソコンが多かったからたまにはアナログで色鉛筆とか
アナログなら、何より目が痛くならないという利点がありますねw
どうしようもなく飽き症の私ですから、じっくり時間をかけて取り組むのを目標に
やってみようかしらーーー^^


明日はいよいよ論文発表
カメに時間を貰って発表の予行を行い、聞いてもらいました
カメから出た質問には一通り答えられた、けど、、
当日は多分10こくらい質問出るだろうし
専門知識ある先輩もいらっしゃるので、、細かいトコきそうだなーー
逆に同級にはすごく基礎的なとこをつっこまれそうで、それも怖かったりね^^;
予測もしなかったところつっこんできたりするからねぇ…油断できません
あと皆寝そう(笑) ごめん、ちょっと眠くなったって言われましたww
元々興味ない話題に対して、興味持って聞いてもらうのって難しいですね…
今から面白可笑しく作り直すのはまず無理なんで、次はもう少し考慮しよう
あー…胃がいたいw
最終調整しよう。。

今日の授業の話じゃないんですけど、思いだしたのを一つ。。
生物系の授業で先生が
「思春期の女の子はお父さん嫌いって子が多いけど、
 お父さんが嫌いってことは自分の半分が嫌いってことだからね」
遺伝子的にはお父さんとお母さんから半分ずつ貰って「自分」が出来ているから
ああー、なるほどなって納得した表現
「親」というものを嫌いになり切れないというのは、そこもポイントなのかもなって
ちょっと思ってしまったのです
でもお父さん嫌いとか、お父さんの臭い嫌だとか思春期の女の子が感じるのは
実は普通というか、当然のことなんですよね
なぜなら遺伝子が近いから。。
ヒトの生存戦略は、「多彩な遺伝子を作る」こと
それはつまり、自分と遠ければ遠い程良い
交わった時に大きな利益を期待できる、という事
近いと同じ病気でやられてしまったり、ということ等がありますからね。。
父親と交わって子どもを残すなんて滅多な事がなければ起きないとは思いますが
「父親」が異性として魅力的に見えない、むしろ嫌いに感じることがあるのは
そうしたヒトの生殖メカニズムが関係してるのだとか、確か。。。
こいつとの子ども残してもあんまり利益ないぜって本能が言ってるんだねー
世のお父さんとは、一般に娘溺愛さんが多いイメージあるけど
こればっかりは仕方ないわよねーーー

もうひとつ密かに、個人的に気になってること、
娘と父親の関係、息子と父親の関係の違い
父親の娘溺愛は一体どこからくるんだろう
いつか本かなにかでいいから勉強してみたいと思います

|

« ☆なぎクエ☆ 風呂絵上がりましたー | トップページ | なんとか、 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なぎさん、お久しぶりです*
覚えておられるでしょうか…?
りのですー^^

私も、つっこさんの曲大好きです!!
ライオンを始め、箱庭や1/2などなど…。
好きな曲が多くて…!

それと、家族のお話しですが…。
丁度、家族のことを考えてているところだったので、興味深い内容でした。
私も不思議に感じます!
いつか私の家族に対する気持ちが冷めなかったら、調べてみたいと思いました(∀)

それでは、発表頑張って下さい!
緊張は誰でもしますから、そのコンディションの中でどうやってベストを出すかが大事です(`´)
…と、いつも自分に言い聞かせている言葉を送らせて頂きます(笑)

長文、失礼しました!

投稿: りの | 2012年5月21日 (月) 21時53分

りのさん>
こんばんはー! 勿論覚えておりますとも^^*
コメントどうも有り難うございます!

月子さんの曲、本当に最近聞き出したばかりなのですよー
私も、馴染みの良い曲が多くて、心地よく聞いています♪
まだまだ出会っていない良曲がありそうで楽しみです^^*
りのさんのおススメがあったら是非お伺いしたいですー!(>艸<*)

家族のお話、興味持って頂けたみたいで嬉しいですよ^^
遺伝子とかいう話になると、途端複雑そうな話に見えますけれど
理由や意味を知ると案外すんなりと納得ができてしまう節もあって、本当に面白いです
同じ「子ども」であるのに、それが「男の子」か「女の子」かで関係が変わってくる
ここにも何か、遺伝的な事が絡んでいるんでしょうかねぇ…?(・v・)

わぁ、応援有難うございます~!
りのさんの温かいお言葉を胸に、ベストを尽くせるよう頑張ってきます!!
質問攻めになんて負けないんだからぁ!(笑)

投稿: なぎ | 2012年5月21日 (月) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ☆なぎクエ☆ 風呂絵上がりましたー | トップページ | なんとか、 »