« そっと。 (オリジナル小話) | トップページ | 熟練級なう。 (要は中級) »

独り言ですよ

落ちてる訳ではないと思うんだけれど。。
なんとなくすっきりしないの、ね。。
もやもやするっていうかな
ざわざわも、する、し、、、
…ざわざわ。うん、ざわざわするんだ

色々なことが。
連鎖的に浮かんでは消え、
その空想の中で、あたしは体験を繰り返す
ただの想像。でも可能性ゼロな訳じゃない未来図。
芋づるはどこまでも伸びて行って
考えてもみなかったものまで掴み取ってくる。
これも空想の断片だよと言いながら見せられるそれは
空想とは到底思えぬ痛みを孕んでいて――

いっそ目など見えなければ
いや、心などなければ

ただの想像の世界にこんな喘ぐ必要などなかったのだろうか
痛みに震えることなどなかったのだろうか


…なーんて。
ただのなぎの独り言ですわ。

あたしは。
言い訳を自分に許す口実が欲しいだけ。
全部人のせいにして被害者気どりしたいだけ。
面倒に入り組んだ道を視界からシャットアウトして
「見えない」ことにしてるだけ。

ほらね、
昔からなぁんにも変わってない

|

« そっと。 (オリジナル小話) | トップページ | 熟練級なう。 (要は中級) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは☆

独り言に横やり入れてみるおにーやんです(迷惑!w)

んー?昔から変わってないと思うのなら、
そうやって客観的に見れること自体出来ないのでは?
と、ちょっと思ってみたり。
変わってないってのは自分で気づけない所、
あぁこんなところも持ち合わせてるよねって
気付いてる時点でそれは「変化」だと思いますよ(*´ω`)o
気付いているのならどうすればよいか、
答えはもう出てるのじゃないでしょうか?

考えないようにする、見えないようにするも
当然の感情だと思いますし、
そこを否定する人は誰もいませんが、
「受け入れてあげる」ってことをしてあげて欲しいなと思います。

結局は考えない・見えないってのは
そんな自分を「否定」してるんですよね。
私だってこうやって悩むんだ!って「肯定」してあげれば
自分だって救われるし、自分を好きになることもできます。

って見当違いだったかな?あはは^^;
まぁ、こんなおにーやんの戯言でも
なぎさんが元気になる足しになってくれれば良いなと思います♪

曇り空の向こうは晴れだと思って
元気出していきまっしょー☆

謎の紳士おにーやんより^^

投稿: おにーやん | 2012年3月 3日 (土) 07時27分

謎の紳士おにーやんさん>
こんにちは☆

紳士のお言葉は頼もしいですな^^ 有難うございます
確かに、「気づけるようになったこと」は、昔から変わった部分だと思います
ただ分析だけが得意になって、その先が「ない」んですね。要は。
私自身、どの方向を選ぶべきか、どうなりたいのか選びかねている節もあり
人の心の問題でもあるので、それを足踏みの理由にもしています。
そうやって重ねるものが全部「言い訳」な気がして、実際言い訳で、ちょっぴり嫌気…

自分を「肯定」するって難しいですね
私の場合、考えれば考える程負のスパイラルの方に引きずられて行くようです


ただの独り言まで拾って下さるおにーやんさんの優しさが嬉しかったです^^*
コメント有難うございました

投稿: なぎ | 2012年3月 3日 (土) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そっと。 (オリジナル小話) | トップページ | 熟練級なう。 (要は中級) »