« 缶内クッキークライシス | トップページ | 脱線なう »

病気のはなしとか。

Cocolog_oekaki_2012_01_08_18_45
つきが とても きれいなよるに。
(ここなら、あなたに会える気がして)


こんばんは凪です
ふと先日授業で見た映像のことを思い出したので、少し綴りたいと思います

皆さんは、「デザイナーズチャイルド」という単語をご存知でしょうか?
これは、生まれてくる子どもの性質を、生まれる前に親が「デザイン」し
自分達の望むような子どもを産む、というもの
例えば芸術的センスに長けているだとか、目や髪の色はこんな色がいいとか
更には、生じ得る病気のリスクを下げるなんてことまで――
受精卵の段階から遺伝子操作をすることで、「デザイン」できてしまうのです
実用化は未だされていませんが
私達は、現代の科学技術ならば、そんなことまで出来てしまう所まで来ています

遺伝子を「読む」ことができるようになり
病気と遺伝子の関係がわかってきたりと、様々な利益を人類にもたらす一方で
「どこまでならばやっても良いのか」という線引きがとても難しく
非常に慎重な扱いが求められる「科学技術」――
純粋な科学者の探究心から生まれた「科学」も
それが「技術」になり、誰かの「欲」と絡んだ時
それは一概に、利益ばかりをもたらしてくれる存在とは言えなくなります


産む前の状態で、生まれてくる子どもが障害を持っているか否かなら
現在でも調べる事が可能ですよね
障害児であることがわかれば、おろす選択をする母親もあります
でもそもそも、「そうした子どもが生まれる事を完全になくす」ことが
出来るようになるかもしれないのです

何かの病気を持った人は、自身の不遇を呪うかもしれません
或いは、ハンデを持たせて産んでしまったことに
自分を責める母親がいるかもしれません
「何故自分なのだろう?」と嘆きたくなることもあることでしょう
(他人行儀な表現で、不快に感じる方がいらっしゃいましたら申し訳ありません)
誰だって健康に一生を過ごしたい。健康に越したことはないと思います
でも世界には、様々な病気や障害を持って生まれてくる人が、確かにいる
ハンデやリスクを持った人が、確かにいるのです

映像の中で、女性科学者は言いました。

「個人にとっては、確かに悪い遺伝子かもしれないけれど
世界にとって悪い遺伝子というのはないと思うし、あってはいけない。
あるとするならば、それは社会が悪いのだ」

色々な病気の形は、人類が多様性に富んでいるということもまた、意味しています
多様性があるか否かというのは、種が生き残れるかどうかに大きく作用します
人類が、多様性を失った時――
それは同時に、人類存続の危機でもあるのではないでしょうか

以前大流行した病気に対して、私達がかかる前に予防を出来たり
またかかったとしても軽く済んだりするのは
過去にその病気にかかってくれた沢山の人がいるお陰ですよね
そうした積み重ねが、今を生きる私達の健康を支えてくれています
それのみでなく、今も尚、自分の代わりに背負ってくれている誰かがいるのです

デザイナーズチャイルドが世界に普及すれば、必ず「偏り」が生じます
人類は多様性を失うはずですし、他にもどんな影響が表れるのか、未知数です
その形を持って生まれてくる命には必ず、意味があると思います
便利さや欲望で、遠くまで見えなくならない様に――
慎重に考える脳を持ち続けたいなと感じました

…と、長くなりましたすみませんm(_)m
病気抱えている本人にとっては、本当にそれどころじゃないと思うんですけど…
世界に必要だから、その在り方で、命持って生まれてきたんだよ。
どうしてそんな人達を皆で助けないだろうか。って。思います。
人の欲が、一番こわい……

|

« 缶内クッキークライシス | トップページ | 脱線なう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「デザイナーズチャイルド」こういったことが実用化される前にちゃんとした境界線を引いて欲しいですね。国単位で個別に行うのではなく、人類共通の価値観というのをしっかり話し合い、時には宗教や哲学も交えながら。
先天性の障害はOK。容姿に関しては美容整形と同程度ならOK、とか。
でもそうやって生まれてきた子供たちが、逆説的に新たな価値観を生み出し進化のブレークスルーを起こすこともあるかも。旧人類が現生人類に変わったようなくらいの。。。
ちょっと漫画的思想が過ぎますか?(笑)
ともあれ、話し合うこと、考えることを止めてはいけませんね。ちゃんとした答えを見つけ出せなくても、考え話し合うことを怠らなかったことが未来に対しての責任を果たしている証拠ですからね。

投稿: もっち | 2012年1月 8日 (日) 22時41分

もっちさん>
初めまして、コメント有難うございます^^*

もっちさんの仰る通りだと思います。
線引きするのって、実際本当に難しいと思うんですよね。
例え国単位だとしても…ましてや世界単位でとなると、宗教や価値観の衝突は間違いなく避けられないでしょう。
だけど、国を越えて「人類共通の価値観」を持つこと、大切なことだと思います。
難しいからと言って避けてばかりはいられない。それは責任放棄と一緒です。
一人ひとりが考えなきゃいけないと思うし、沢山の人に考えて貰いたいですね。

そうですね、「ちょっと漫画的思想かな…?」って思いましたが、私はそういう考え方も面白いと感じましたよ^^

投稿: なぎ | 2012年1月 8日 (日) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 缶内クッキークライシス | トップページ | 脱線なう »